中学受験 算数攻略への道

子供が中学受験を目指し始めて1年がたちます。最初は親のためのように見えていましたが、小5になって、中学受験を自分の目標とできるようになってきたようで、態度やモチベーションの変化に感心させられています。

娘の中学受験の課題は算数です。

国語も社会も理科も中学受験に向けて問題なくできているようなのですが、算数がどうしても苦手なようでした。夫は理系の出身なので、子供に教えているのですが、夫の言葉を借りると「算数の基礎はちゃんと身についているんだけど、応用問題を解くときに基礎をどう使うかが出てこない」状態です。

塾の先生にも相談してみたところ、算数の応用問題の回答の道筋をしっかり学ぶと良いとアドバイスを受けたので、算数を良く知っている夫ではなく、私が一緒に問題の回答を見ながら解くようにしました。

お恥ずかしい話ですが、私は英文科で算数がダメなので、小学校の問題でも苦戦しています。娘がそれをみて「ここはこうやるんだよ」と得意げに教えてくれます。そんなことを何度か続けていたら、娘の成績も伸びてきました。

夫は「そういえば、中高一貫の私立なんかは生徒同士で教えるカリキュラムがある」と話していました。自分で人に教えることで自分が分からないところを理解できるのと、自発的な学習ができる点がポイントのようです。

中学受験まで、あと2年となりましたが、親子の教えあいは効果があると思い今後も続けようと思っています。

【算数克服のため四谷大塚へ】

もともと、別の塾に通っていたのですが、昨年四谷大塚の試験に合格できたので、四谷大塚に通うようになりました。

周りの子供が中学受験を目指していることもあり、娘も自然と中学受験を意識するようになって来ました。中学受験の我が家の課題は、算数です。問題を見てビックリするのですが、算数の問題は本当に難しいです。

テストのパターンとして、最初は計算問題があるのですが、こちらはカッコと掛け算・割り算の位置に気をつけながら解けば必ず答えを出せます。ところが、応用問題の後半になってくると、これで小学生?と思うくらい難しいのです。

たとえば、正方形の板が作る影から立体の作る影の面積を求める問題があるのですが、小学校の算数の知識の範疇でこんなに難しい問題を作るのか!と問題を読んだだけで感心してしまいます。

この問題の時には、私もすぐに答えを見つけることができずに、夜に夫が帰ってくるまで子供と悩んでいました。夜、夫に見せたところ、少し悩んでから解いてくれました。

ただ、夫も「中学受験の算数って難しいなぁ」と言っていました。今は四谷大塚のテストがあると、帰ってきてから、まずは回答を見ないで家族そろって算数の問題に挑戦しています。

夫も問題を解くのを楽しみにしているようで、家族でワイワイ言いながら問題を解くので家族の会話も増えています。次の課題は、これを時間内に完答することです。
参考サイト